電話代行の費用相場

電話代行は月々1万円前後が費用相場です。受電件数月100件を超えると、1件当たりの単価が加算されます。

電話代行の主な利用使途

受電内容の取捨選択のため

営業電話と業務電話の選別のために一次取次を任せられます

仕事の効率化を図るため

個人事業主の仕事の効率化には、電話の受電業務を委託することをおすすめします

会議中の受電を避けたいときに

全員会議で電話の受電ができない時間帯の時だけ利用可能です

従業員がいると見せかけたいときに

複数名の従業員がいると見せかけたいときにもおすすめです

「折返し電話」でしのぎたいときに

電話で所在確認をされたくない場合に、電話代行で存在を隠せるメリットがあります。

その都度メールで報告してもらえる

オペレーター

電話代行をすると顧客から問い合わせの内容を正確に理解できないというイメージを持っている方も多く見られます。しかし電話代行では、電話退行の報告をその都度メールで送ってもらうことも可能です。すべての受付履歴が閲覧や検索可能な形で利用できるケースも見られるため、顧客からの問い合わせをしっかりと把握できます。ただし報告の内容は、利用する電話代行の業者によって異なります。利用する前に、業者ごとの対応の違いを確認するようにしましょう。

急いでいるときはスムーズな対応が可能

オペレーター

電話代行を利用すると、緊急時の連絡があったときに対応が遅れるというイメージを持っている方もいます。しかし電話代行のサービスを利用している場合でも、緊急の連絡があった場合には、瞬時に対応できる環境を整えているところも多く見られます。実際にどのようなシステムで緊急の対応を行っているかは利用する業者ごとに異なります。業者ごとの対応の違いを調べて、自社に合った形で利用できる電話代行のサービスを見つけましょう。

雇用リスクが少ないのが魅力

オペレーター

電話対応の業務に必要な社員を自社で雇うと、給料だけではなく社員教育のコストもかかります。その点電話代行であれば、教育にコストをかける必要がないため、経費を節約しながら電話の対応を任せることが可能です。状況に応じて利用を検討しましょう。

広告募集中